2013年2月23日 (土)

絶賛受験中につき親はやきもきムシャクシャそして諦め

高校3年生の長男坊は、現在絶賛大学受験中。

これまで私立大学3回分の受験料を無駄にしております。
来週は本命の(よって一番可能性が低い)国立大学の二次試験。

司書になりたい、という希望を最優先にした結果、実力とはかけ離れた大学を受け続けているわけで、すでに親は予備校入学金の用意をしています。

まあ、浪人してもよいとは宣言しておいたし、1年で成果が出て、希望学部に入学できればそれで良し。

1年で済むんだろうな?

子供の出来が良くても苦労はするもので、私の職場の方は、息子が滑り止めの私立は受かったけれど入学金だけで100万円もかかるから到底入学させられない、と嘆いていらっしゃいました。医学部だそうで。
私立の医学部は6年間でン千万円単位の金がかかります。

出来の悪い息子で良かった……?

そんな話を今朝母親と電話でしていたら、あんたたちは親孝行だったわね、としみじみ言われました。
はい、親の教育方針で、浪人ダメ私立ダメ下宿ダメで進学か就職かの2択と言われて育てられた弟と私です。

我々の時代と現在とは、受験環境も違うし、この先の就職はさらに大変だし、比べてはいけないのですよ。
それは分かってはいるのですが、出来の悪いわが子に対してはついついついついキツクなってしまいます。

生まれた時には、健やかに大きくなってくれさえすれば良い、親より長生きしてくれれば良いと、謙虚に考えていたのに。

しかし、出来が悪いにもほどがある!、と、一昨日、中学1年生の次男坊の発言にキレた私です。

「片仮名も「ミ」って、右下がりだったっけ、左下がりだったっけ?」

おまえ、小学生からやり直して来い。

2012年2月13日 (月)

バレンタイン・デーの給食

明日は2月14日、バレンタイン・デー。
次男坊にとっては憂鬱な日である。

次男坊はチョコレートが好きではない。
はっきり言って、嫌っている。
ココアも嫌いだ。

以前、友達の妹さんから手作りチョコクッキー(義理だ)をもらった時も、すぐに別の友達にあげてしまったくらいだ。

この一週間というもの、テレビはチョコレート関係の番組ばかり。
バレンタイン・デーは彼にとって、難儀な日だ。

そして、その難儀さにさらに追い打ちをかける状況が。

明日の小学校の給食の献立は、
・エクレアパン(材料:ミルクパン、チョコレート)
・クリームシチュー
・サラダ
・くだもの
・牛乳

週に一度はパン給食なのだが、よりによってエクレアパン。
当然、バレンタイン・デーを意識した献立。

先生~。チョコレートが嫌いな子供も世の中には存在するんですけれど。

次男坊、明日はパンからチョコレートを剥がして食べると言っているが、うまく剥がれるか。

ちなみに、次男坊は、プリンも嫌いである。
難儀なお子様だ・・・。

2012年2月12日 (日)

中学校入学準備

来月、次男坊は小学校を卒業し、中学校に進学する。

進学先は、長男坊と同じ地元の公立中学校。
先週、入学説明会があった。

長男坊が卒業したのは2年前。
長男坊の時と同じ登校時間などの時間割が示されたが、新年度からは始業開始が早めになるらしい。
学力向上策の一環だろう。

生活指導は詳細になっていて、最近の学校事情がうかがえた。

・制汗スプレー、整髪料は無香料のものを。
(長男坊の時は、制汗スプレーだけだった。)

・髪を止めるリボンは、黒、茶、紺色で小さいものを。
(長男坊の時は、これはなかった。)

当然、パーマ、脱色はダメ。ムースも禁止。

まあ、うちの次男坊はおしゃれ的な面倒くさいことはやらないから、心配はないと思っている。
でも、髪を伸ばしてちょんまげ頭にしたいと常々言っているので、リボンには気を付けた方がいいかもしれない。
その前に、長髪禁止に引っかかるか。

今、話題になっている体育の授業で行う武道は、以前から剣道をやっているのでそのままだそうだ。
(以前からやっているので、胴着や面の臭いがなかなかすごいことになっている。)

来週、制服の採寸や体操着などの販売があるが、
次男坊は、
「にーちゃんの制服を着るの。」
と言う。
ジャージも体操着も兄のお下がりがよいと言う。

実に親孝行な息子だ。

長男坊の時は、入学時に新調した制服から最大限度と言われた7センチの袖・裾出しをした。
でも、卒業時にはあと2センチくらい伸ばしたいくらいのつんつるてんだった。
その状態から、袖と裾を4センチずつ縮めると、次男坊のサイズになった。

つまり、長男坊と同じ割合で次男坊が成長すると仮定すると、2年生の途中で制服はつんつるてんになる。
結局は買うことになりそうだ。
というか、買い直すくらい背が伸びてくれることを祈る。

裾・袖詰めは自分ではできないので、クリーニング屋でやってもらうことにした。
教えてくれた友達に感謝。

今日、早速持ち込んだ。
10日後の出来上がりを、親子で楽しみに待っている。

2010年12月11日 (土)

次男坊の誕生日に届いた手紙

昨日は次男坊の11歳の誕生日だった。

朝次男坊が起きると、枕元に手紙が届いていた。

101210_074844_small

大江戸魔法魔術学校からの入学許可書。

101210_075129_small

ハリー・ポッターが大好きな次男坊への、オットからのプレゼントである。


2010年10月23日 (土)

紙系資源ゴミが高さ1mになった。

長男坊は、いわゆる通信添削講座を小学生時代から続けている。
毎月教材が送られてきて、問題に解答して郵送すると、解答が添削されて返送されてくる、というシステムだ。

解答提出状況がネットで確かめられる・・・というので、アクセスしてみた。

あらら。
中学1年の8月以降、中学の2年間半は答案が提出されていないことになっているではないですか。
高校1年コースは、4月号と5月号の一部しか提出していない。

長男坊に問いただすと、中学時代の答案を出してきた。3年間、全部提出して添削されて返送されている。
高校1年コースは、ネット情報の通り orz

うーむ。
中学コースのネット情報が不正確であった点は講座会社に質問した。
ほぼ半年分溜まった高校1年教材は、どのように解消するか考えさせ、結局、講座のレベルを下げることにした。

で。
中学時代の答案が全部残っているということは・・・・・?

長男坊のクローゼットを強制開帳させたところ、中学時代の通信添削と模擬試験と夏季・冬季講習の試験がごっそり出てきた。
小学5年生の時の答案まであった。
4月に本棚から消えた公立高校入試過去問題集も出てきた。
その他中学時代の教材がクローゼットの中と本棚とにてんこ盛り。

高校の教材が床に直置きされているのに?
キミはまた高校受験をするつもりかね?

捨てた捨てた捨てた捨てた捨てさせました。
積みあがった高さは約1m。

次回の紙系資源ゴミの日が待ち遠しい・・・。

2010年9月23日 (木)

それでいいのか、体育祭

先日、たかしの学校の体育祭に行った。
高校生にもなって、親が体育祭に行くのかとオットに言われたが、どんな風に開催するのか興味があって出かけた。

たかしの学校は、中学校3学年×3クラス+高等学校3学年×5クラスという学校構成だ。
普通の公立中学校なら、中学校の体育祭だけで丸1日の開催となるところだ。
中・高分を一日に詰め込むため、競技は1回戦のみだったり、事前に予選を済ませておいたりして、時間短縮の苦労の跡が見えるプログラムだった。
アナウンスも、「急いでください」とか「早くしてください」が多く、聞けば昨年は予定より1時間遅く終了したという。体育祭実行委員会も必死だったんだろう。

それら、体育祭の本題とは別に。

たかし。お前、応援もせんと、何やってるねん。

保護者観覧席と生徒席はグラウンドを挟んだ対面と遠く離れていたけれど、デジカメの40倍ズームを使って生徒席を眺めてみたら。

あるときは、数人でトランプ遊び中。
またあるときは、一人で折り紙中。

あ・の・なー。。。。絶句。
いくら出番が少ないからって・・・・。
そもそも、トランプだの折り紙だの、席に持ち込むなよ。

応援どころか競技を見ている気配まるでなし。
よく見ると、そういう子は結構いる。

一方では、必死に運営に走り回っている体育祭実行委員や運動部の面々。
黄色い声張り上げて先輩・後輩を応援してる女子。

今どきの高校生って、こんな感じなのだろうか?
文化祭は、全校一体でお祭り騒ぎという感じだったけれど。

ちょいと考えさえられた半日だった。

2010年9月 5日 (日)

結膜炎

金曜日の夕方、オットから携帯電話にメールが入った。
「ゆうすけの眼が腫れているから、目薬買ってきて。」

結膜炎・ものもらい用の目薬を買って帰ったら、確かに右目まぶたが赤く腫れている。

ゆうすけ曰く、「朝、学校に行ったら、友達から眼が腫れているって言われた。」

いや。君の自覚症状は無かったのか?

「痛かったよ。」

あのなー。

一応、市販の点眼薬で効くかなーと思いつつ、目薬をさして一晩たった土曜日の朝。
右目はお岩さん状態。目やにもびっちり。

ゆうすけを眼科に連れて行くのは非常に久しぶりなので、診察券を探し出すのに時間がかかった。

眼科医(現在58歳、コンタクトレンズを入れても視力0.1)は、
「今、何年生?え、5年生? 前に来たのは年長さんの時だったんだよ。早いねー。この歳になるとそれほど経っていないように思えるんだけれど、子供は違うよねー。」
などと言いながら、
「結膜炎ですね。月曜日もいらっしゃい。」
とのこと。

薬局で処方された目薬(2種類)には、一日4回朝昼夕夜に点眼するように書いてある。
それを読んだゆうすけは、
「月曜日、学校で自分で目薬ささないといけないから。」
と、自分で点眼しようとする。
えらい、と誉めたけれど、目薬容器の先と眼が全然あっていないじゃん。大丈夫か。
2種類の目薬の点眼間隔は3分、というのを律儀にキッチンタイマーで計っているけれど、学校にタイマーを持っていく気だろうか。

そして、今朝。左目もなんとなく腫れぼったく見える・・・・・。

ゆうすけの医者通いでバタバタするのは久しぶり。
明日の夕方はまた眼科に連れて行かないといけないし・・・orz カワサキニイケナイジャン

2008年5月25日 (日)

こどもの病気はめげます

今朝からゆうすけが熱を出しています。
昼前には38度9分と、おととしインフルエンザに罹ったとき以来の高熱を記録しました。

うちの子供たちは、食欲が無くなるとレッドアラートです。

今朝からゆうすけが口にしているのは、
朝ご飯は、目玉焼き3/4と、牛乳とパンを一口ずつ、小粒いちごを4つ。
昼ご飯は、焼き海苔を4センチ四方1枚だけ。
水分補給にと目を覚ますたびにスポーツドリンクを飲ませていますが、それ以外は本当に何も食べたくない様子です。

添い寝する私の二の腕の「ぷにぷに」を触りながら、妙に表情の抜け落ちた半眼の顔で私を見つめるゆうすけ。

ううう。早く良くなっておくれ。

2008年2月24日 (日)

小学国語辞典を買った

『チャレンジ小学国語辞典』(発行:株式会社ベネッセコーポレーション)

たかしの時には子供用の国語辞書は買いませんでした。
家にある大人用辞書で十分足りている、と考えていました。

けれど、ゆうすけの書き取りテストを見て、考えは180度変わりました。
 「ないしん」ドキドキした」→「心中」ドキドキした
 「こうりつ」の学校→「校高」の学校
 「春分の日」→「しゅうぶんのひ」
 「父母」→「そぼ」
 「昼食」→「きゅうしょく」
 「北上」→「ほうじょう」

「だって、ほうじょうさん、っているでしょ! 折り紙のうまい人で。」

・・・・ゆうすけ。それは「北條」さんだ。

本屋に走って、いろいろ比較した挙句、買ったのがこの辞書。
選んだ理由は、
・漢字にルビが振ってある。
・漢字は書き順つき。
・3色刷りで、見出し語が太字で大きく、見やすい。
・コラムがあって、読み物としても面白い。

ところで、あいうえおの順番を知らないと辞書はうまく引けません。
辞書を使わせようとして、ゆうすけが「あいうえお」をきちんと覚えていないことが発覚。

デルトラ・クエストシリーズを全部読破したのは何だったんだ!

・・・・・先は長いです。

2007年12月14日 (金)

ゆうすけ作・クリスマスカード

07121r_smallゆうすけが学校で作った作品です。
クリスマスカードというには、全体のサイズがA3もあるんですが。
右側のツリーは、手前に枝が立ち上がるようになっています。

これまでは、あまり色を使うことがなかったので、ちょっと意外。
サンタの顔がとてもいい感じなので、親ばかアップです。

子供が布団に寝ていないのは、布団の中にもぐっている(=たかしの得意技)のか、寝相が悪くて布団から飛び出して寝ている(=ゆうすけの得意技)のか・・・(笑)