« 教育の成果 | トップページ | ラムの焼肉弁当 »

2010年4月18日 (日)

教育の成果2

毎朝の弁当つくりにいそしむ息子、たかし。

「冷蔵庫の中のもの、適当に使っていいから。」と、素材の提供もおろそかになりつつある私。

私「挽肉あるから。チャーハンだけ弁当箱にぎっちり、ていうのもいいんじゃない?」
と、冗談で言ったら、本当に「チャーハンだけ弁当」を作って学校に持っていった。

20100413_small

帰宅して。
私「何か言われた?」
たかし「すごいね、って言われた。」
私「(どういうニュアンスだったんだろう。)で、なんて答えた?」
たかし「スプーンがあれば完璧だったんだけど、って言った。」

あー。はいはいはい。
たくましく育ってます。
先週一週間、毎日かかさず弁当を作っていきました。

私の弁当は、たかしが作ったおかずを横から掠め取って自分の弁当箱に詰めるという、ハイエナ弁当になりつつあります。

以下、たかしの先週の作品。
20100412_small 20100414_small 20100415_small 20100416_small


« 教育の成果 | トップページ | ラムの焼肉弁当 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142710/48116266

この記事へのトラックバック一覧です: 教育の成果2:

« 教育の成果 | トップページ | ラムの焼肉弁当 »